格安スマホを選ぶときのポイント-充電池の容量

格安スマホ選ぶ時のポイント格安スマホを選ぶ時のポイントとしては電池の持ち具合があります。

ライトユーザー向けの安いスマートフォンは電池の容量が少なくてすぐに充電しないといけなくなります。

あんまり使わなければ1日1回でもいいかもしれませんが、ちょこちょこ使うという方は1万円程度のライトユーザー用の格安スマホでは足りないかもしれません。

一般的なユーザーのためのに3万円のスマホではあれば2日程度はもつと思います。

これも使う量によるのですが、全く使わない場合は1週間持つこともあります。

電池がすぐなくなるのが面倒で充電が嫌だという方はあまり使わないかとでも一般的なスマートフォン購入しておくと電池の容量が多いので長く持ちます。

ゲームをたくさんする形では電池の消費量が多く1日に一回では足りなくて2回も三回も充電しないといけない人もいるかもしれません。

そうすると電池がどんどんなくなって充電回数も増えますからモバイルバッテリーなどを使って外出先なので電池がなくならないにする必要があります。

特にライトユーザー向けの格安スマホで重めのゲームをすると数時間でなくなってしまうことも少なくありません。

facebookやtwitterlineなどのアプリを使っている以上ではそれほど電池は消費しません。

格安スマホのカメラの性能はいいの?

カメラの性能に注意するカメラの性能は本体の値段に比例します。

1万円から2万円台の格安スマホのカメラはあまり良くないです。

3万円程度のカメラであれば普通のデジカメと同じぐらいの品質のものが出ます。

そして5万円以上のヘビーユーザー用のスマートフォンだとかなり声質が良くなっています。

カメラの性能一番重視ならスマートフォンでなくてカメラを購入した方が良いのですが、そこまでなくて少しカメラにこだわりたくてカメラを買うほどでもないという人は3万円から4万円程度のものを買えばいいと思います。

何してキャリアでは1月に6000円から7000円も端末代ではなく通信費で払っていたのです。

ですので、1年間格安スマホ使えば3000以上安くなりますので、元は取れると思います。

できるだけ安くて良いカメラ欲しいという方は格安スマホは諦めた方がいいと思います。

格安スマホのカメラ機能は値段に比例するからです。

その場合はドコモやauのスマホの古いもの中古品を買った方が良いでしょう。

例えばxperiaなど古いものでは1万円未満で購入することができますので、高品質のカメラを安く購入することができます。

端末の選び方のまとめゲームをあまりしないということは1万円から3万円のスマートフォンでいいと思います。

しかしゲームが大好きで1日1時間以上ゲームをするような人はゲームがカクカクになってしまうので4万円以上のスマホ購入した方が良いと思います。

ゲームあまりしないけどスマホの電池の持ちを重視するという人は2万円から3万円程度の一般的なユーザー用のスマートフォン買うといいと思います。

格安SIMの800円以内の5分間かけ放題サービス

このライトプランに相当するのが格安SIMの5分間かけ放題サービスですが、1700円が850円に縮まるだけでも相当な料金の節約になると思います。

新しい携帯電話の大手キャリアの通話品質は高く格安SIMの通話品質は劣ります。

その点は承知しておかなければなりません。

格安SIMでは5分以内のかけ放題があるということを紹介してきましたが、3分以内家1分以内のかけ放題サービスを提供しているところもあります。

例えばFreetelやIIJmioなどがそれにあたります。

FreetelやIIJmioでは1分間のかけ放題が400円で使えたり3分間のかけ放題が600円で使えるなど5分より短い人でもお得に使えるようになっています。

ですので、5分以内の通話3分以内の通話が多い方はこちらのサービスを検討しても良いでしょう。

格安SIM各社のかけ放題プラン


UQモバイルにはおしゃべりプランというコースがあります。

UQモバイル5分間かけ放題がついているおしゃべりプランというのは5分間のかけ放題が終わった後が30秒20円かかってしまうので少し高いです。

それ以外にも楽天モバイルでは月額850円で5分間のかけ放題ができます。

IIJmioでは月額600円で3分以内のかけ放題ができます。

830払うことで5分以内のかけ放題が無料になります。

BIGLOBEでは通話パック催しています。

4半額アプリも用意されています。

月額650円で3分間の通話料が無料になります。

5分間のかけ放題は用意されていません。

DTISIMでは月額780円で5分間かけ放題が無料になります。

5分間のかけ放題を過ぎると普通並みの電話代がかかりますので、注意が必要です。

dtiは通話品質が落ちておらず良好な音質で通話できることからビジネスなどに使いたい方はDTISIMがいいと思います。

OCNモバイルも5分間かけ放題を用意しています。

こちらは850円で5分間を超えた場合は半額の電話代で電話かけることもできます。

本質は比較的多いというのが噂で固定電話への電話番号通知も行っており非通知になることがありません。

Freetelでは840円で5分間かけ放題が出来るサービスと1分間のかけ放題が出来る400円のサービスがあります。

Freetelは音質が悪いというのは噂であまり使う人がいなかったのですが、2016年の7月に改善が行われ固定電話に電話の通知サービスができるようになった方が音質が向上しましたyモバイルのかけ放題ワイモバイルはちょっと特殊な料金体系を持っているかけ放題です。

ワイモバイルは10分以内の通話が月間300回までなら無料になるというサービスです。

10分以内の通話が無料になるというサービスはワイモバイルだけが行っています。

10分を超えた場合は30秒あたり10円の電話料金が課金されます。

ワイモバイルは5分以上の電話が多い方に安くなると考えられますが、しかし基本料金が少し高めに設定されていて電話代で元を取ろうと思う人は慎重に計算しておく必要があります。

また格安SIM会社ではなくワイモバイルというのは回線を持っている会社ですので、キャリアと似たものです。

ですので縛りがありますので、その点にも注意しないといけないです。

ししかし電話長くを行う人ではやはり5分間かけ放題よりも10分間かけ放題の方がいいですので、その方は検討してみる価値があると思います。

050のIP電話使った電話料金の節約方法

IP電話を使って電話代を節約する方法もあります。

IP電話というのは格安SIMでも使える問題は050plusという方法やスマートトークやララコールなどがあります。

050の電話番号の特徴は電話機だけに限らないことパソコンやそれ以外の機器でも電話番号を割り当ててもらうことができるところです。

電話番号割り当ててもらうということは普通の携帯電話以外の電話からもかけることができるということ意味していてこれが無料で申し込めるとなるとすごいことです。

格安SIMの電話かけ放題は充実してきている

格安SIMも電話サービスが充実して生きています。

格安SIMを使っても電話放題、定額電話パックなどを使うことで電話料金大幅に安くすることができます。

そこでこのページでは格安SIM各社の通話料金とかけ放題について紹介していきたいと思います。

格安SIMのプラン

格安スマホについている電話かけ放題プランは正確に言うと完全なかけ放題ではありません。

わかりやすく説明するとauやドコモソフトバンクなどについているカケホーダイプランライトと似ているサービスです。

カケホーダイプランライトは5分間までの通話が
1日何回でもできる物格安SIMについているカケホーダイプランも主に5分以内の通話が一定の月額料金を支払うことで無料になるサービスです。

また3分以内の通話1分以内の通話など細かく分数が設定されているものもあり自分の必要に応じて選ぶことができます。

また格安SIMにも電話の長さ回数、場所など全て無条件にかけられるサービスもありますので、電話を主に使うことはそちらを選択してもいいでしょう。

ワイモバイルの通話
プランワイモバイルには1000円の月額料払うことで300回までの通話10分以内の通話が無料になるものがあります。

このサービスは2017年2月1日から突き当たり300回までではなく何回でも無料になるようになりますので、使い勝手が向上します。

1回あたりの通話に上限がある電話かけ放題色々な電話かけ放題プランがありますが、そのなかで一回あたりの電話が5分以内3分以内など制限があるものについて紹介しています。

まずDTIの電話かけ放題は5分まで

マイネオの5分間かけ放題サービス
楽天モバイルの5分間かけ放題オプション

BIGLOBEのBIGLOBE電話3分間かけ放題
BIGLOBEの電話パック60

OCNの5分間かけ放題プラン
Freetelには5分間かけ放題と1分間かけ放題がついています。

現行の格安SIM会社ではこのような5分あたりの電話かけ放題にするサービス海パンデカなっています。

DTIのカケホーダイプランはアプリを使わなくてもそのままかけるだけで、5分以内の通話がかけ放題になるので面倒な方にはこれがいいかもしれません。

ただし5分間を超えた分に関しては30秒20円の携帯ナビの価格がかかりますので、注意が必要です。

マイネオやDTIはプレフィックス番号を使わないので、品質が落ちず値段は高い物の品質の良い2をすることができます。

電話かけ放題プランの仕組みと問題点

電話かけ放題サービスは料金を安く電話代が安くなることから
とても良いサービスですが、若干の問題点がありますので、取り替える場合に注意する必要があります。

まず料金体系は大切ですが、それ以外にも使い勝手や通話品質といった点にも注意しないといけません。

特にビジネスで使う場合は通話品質というのは悪くなると相手に迷惑をかけますので、通話品質についても気をつける必要があります。

格安SIMの電話は品質が落ちるか品質が落ちるのはプレフィックス番号を使っているかどうかです。

プレフィックス番号は電話をかける前に
特定の数字を足すことで独自の回線を通って電話かけるシステムです。

プレフィックスを使うことで独自の回線を通ることで電話代が安くなりますが、しかし品質が落ちてしまうというデメリットがあります。

そしてこのプロフィックスを付けるのには
専用アプリを介して電話をしないといけないということがあり
アプリを起動して電話をかけないといけないことから面倒になってしまいます。

プレフィックスを使う格安SIM

格安SIMの中でプレフィックスを使っているものは、値段が安く音声品質が劣ることからビジネスには使うことができませんが、、家族と通話する場合などには使えると思います。

またプレフィックスの中でも通話品質が良いものがありIIJmioとDMMモバイル楽天モバイルは品質が良いとされています。

またFreetelのプレフィックス付き電話は品質が悪いとされています。

それは音声の遅延や通話中の途切れ音質が落ちる声が聞こえなくなると言ったレビューなどです。

このような通話品質に関しての疑問はgoogleplayなどのアプリサービスの所でユーザーのレビューを見ることができますので、ユーザーレビューを見てから加入した方が良いと思います。

特に楽天モバイルのアプリの評価の数は非常に多く
たくさんの口コミを見ることができることから参考になると思います。

まだレビューが少ない会社もありますが、これから増えていくものと思われます。

専用アプリの評判はあまり良くない格安SIMの電話サービスを使うことでアプリを使わなければなりませんが、アプリの使い勝手についてあまり良い噂を聞いていません。

その中でも電話楽天電話とDMMトークは他の専用アプリに比べると使いやすいという評価が多いです。

参考:IIJmioのかけ放題について

アプリがどんな操作性なのかわアプリをインストールして使ってみたりユーザーの口コミなどを見て判断してください。

プレフィックスを使わないかけ放題プランプレフィックスを使っていないかけ放題プランもあります。

それはDTISIMとマイネオとワイモバイルです。

この三者はプレフィックスを使わずにと通常の携帯回線を使っているので通話品質が落ちません。

DTIとマイネオには定額プラン30と60がありキャリアの回線を使っています。

ワイモバイルはmvnoではなく独自の携帯回線を使っているで品質が良いです。

そのためプレフィックス回線を使って起こる品質の低下や音がこもる自分の声が聞こえなくなるなどのトラブルはほぼ起きないと思って良いでしょう。

またプレフィックスを使わないことからアプリを使わない出かけることができてとても簡単です。

そして100当番や119番など緊急電話7にも対応しているため格安SIMだからといって緊急電話が使えなくなることはありません。

 

選ぶのが面倒なら楽天モバイルがおすすめ-口コミと他の格安SIMとの違い

楽天モバイルの格安SIMは月額利用料がそこそこ安くて格安スマホ本体を安く購入できるキャンペーンがいつもあるので初心者をはじめとする一般的なユーザーには誰でもおすすめできるものです。

出典:楽天モバイル

さらに楽天市場での買い物でポイントが貯まるので楽天を使っている方にはメリットが高いと思います。

楽天モバイルのメリット

  • 格安スマホ本体がかなり安く購入できる
  • 5分以内の通話が月額850円でかけ放題
  • 月額利用料金がかなりやすめ
  • 楽天市場でのポイントが貯まる
  • 口座振替で支払うことができる

楽天モバイルのデメリット

  • 3日間で使えるデータの制限がある
  • 3G専用端末が使うことができない
  • 12ヶ月以内の解約の手数料が高い
  • 実際に出る速度があまり早くない
  • お客様センターが繋がらない

楽天モバイルは初期手数料が3000円ほどかかり12ヶ月以内に解約した場合は9800円の費用がかかります。

そしてSIMカードを再発行などした場合は3000円程度の料金がかかります。

オプション料金としては留守番電話に290円程度のものがありますが、これは必要なことをして使ってください。

楽天モバイルの通話楽天モバイルは通話料金が安くなるかけ放題サービスがあります。

5分のかけ放題が月額850円です。

それ以外の通信の場合は30秒あたり20円なり楽天電話というアプリを使うことで30秒10円にすることができます。

さらに050というip電話サービスもあります。

この場合は1分間3.4円から11.1円となっています。

速度規制速度規制があります。

速度規制は3日間のデータ通信が540mbから1.7GBまでこの速度を超えてしまうと速度規制がかかり200Kbpsに制限されてしまいます。

この速度ではインターネットをすることや動画を見ることができませんので、そうならないようにする必要があります。

高速データ通信をオンにしたりオフにしたりすることができます。

しかし計測モードにしたとしてもデータ容量は圧迫しており常にデータ通信の量を気にする必要があります。

さらに200Kbpsから遅くさせられることはありません。

楽天モバイルの口コミ

楽天モバイルの最大のポイントはスマホ本体が安く購入できることです。

ソフトバンクairauを使っている方はほとんどの場合本体を買い換えないといけないと思いますが、そのような場合に楽天モバイルを使うと安く購入できてお得です。

縛りが長いのが少し残念ですが、それでも9800円ですので1万円しないと思います。

そして楽天市場でよく買い物するかしないかについても重要性が変わります。

楽天でよく買い物する形はポイントがザクザク貯まりますので、メリットがあると思います。

しかし格安スマホが半額以下で購入できることもあるので楽天モバイルはいいと思います。

楽天モバイルの速度楽天モバイルはドコモ回線を使っていますが、繋がりやすい時と繋がりにくい時がありますある時期は速い格安SIMもある時期は遅くなったりします。

ですので、楽天モバイルも早くなったり遅くなったりしています。

楽天モバイルは2014年10月から格安SIMのサービスを始めました。

このときは速度はそこそこ早かったのですが、それから6か月後の2015年4月頃から普通の速度になりました。

しかしその3ヶ月後2015年の夏ごろから急に速度が遅くなってきました。

ここで一般的な格安SIMとほとんど同じスピードになりました。

そして2015年10月頃には早い人と遅い人がばらつきが出るなどかなりギャンブル的な要素も加わるようになりました。

楽天モバイルが新しくなった2015年11月にかなり早い速度が出るようになりました。

しかしまた半年後にかなり遅い速度になってしまいました。

そして2016年ですが、5月頃は少し遅めの速度になって少し遅いから少し早いをうろうろしている状態です。

楽天モバイルの場合はこのようにスピードが様々なのでスピードを重視するということは楽天モバイルは選ばないほうがいいと思いますが、他の格安スマホと比べた場合は早いといえます。

本当はどのくらい必要?格安SIMの通信速度の選ぶコツ

格安スマホを選ぶ時にポイントとなるのが通信速度です。

メーカーが歌っているスピードが出ないことが多くこれは口コミなどを見て決めるしかないのですが、1年後2年後にその口コミ通りの性能が出ているとはいえずある程度は仕方がないものです。

どうしても速度を落としたくなければキャリア出た場合通信費を払って使い続けるしかありません。

ドコモやauソフトバンクのスマートフォンでは30Mbpsってます。

しかし格安スマホの場合はほとんどが5Mbpsほどしか出ません。

格安SIMは5Mbps程度

つまり1/6デートになってしまうのですが、愛によっては1Mbpsしか出なくて普通のサイト閲覧でも支障をきたしてしまうほど遅いところもあります。

動画を見るのに必要な通信速度は1Mbps、youtubeやニコニコ動画など動画サービスがたくさんありますが、そのような動画サービスを使うときにどのくらいの通信速度が必要なのでしょうか。

一般的なyoutubeを見るのであれば600Kbpsぐらい出ているがほとんど問題ありません。

ですので1Mbpsしかでない格安スマホでもほとんど問題ないといえます。

ニコニコ動画も同じくらいの量で見ることができます。

低画質モードであればさらに低い画質で早く見ることができます。

少し画質が荒くなりますが、少ない通信速度で見ることができるようになります。

1時間動画を見ると200mb程度のデータを消費します。

そうすると1GBで契約しているスマホの場合は5時間しか見れないことになります。

ですので、体がつのモノで見た方が通信費の節約にもなります。

実際のところはこのようにスマホの動画を見てもほとんど問題ないということがわかります。

ですので大手キャリアのスマホのスペックが必要な方はほとんどいないということになります。

インターネットをするに必要な通信速度は最近ではインターネットをする方が動画よりメモリー送ります。

普通2Mbpsが必要です。

つまり動画を見るのの3倍ぐらいが必要なのです0.7Mbpsを下回ると凄くサイトの閲覧が遅くなりストレスがかかるようになります。

webページは1枚あたりが大体1メガバイトですので、全部読み込むをで表示されないわけではありませんが、1/4程度を読み込む必要があるのであまり遅いとサイトが見れなくなります。

特に新しく訪れるサイトの場合は全てのデータを読み込むのに時間がかかり業者に時間がかかることがあります。

3Mbps出ているは重いサイトでもサクサク見ることができます。

例えば重いサイトというのはamazonや楽天などの通販ショップです。

開くのが重いサイト

もっと小さいサイトであればそれより少ない量で見ることができます。

アプリをダウンロードするのにかかる通信速度20メガ30mbのアプリの容量があるものが多いです。

ですのでアプリをダウンロードするのはほとんど家やオフィスなどのwi-fiの環境になると思いますが、まれにLTEでもアプリをダウンロードする場合がありその場合は3Mbpsくらいが必要だといわれています。

例えばキャリアの回線である30Mbpsだと50mbのファイルをダウンロードするまで13秒かかります。

しかし3mb程度しかでない格安SIMにした場合は2分30秒もかかってしまいます。

ダウンロードされるまでずっと待っていないといけないわけではありませんが、時間が気になる人は10Mbpsぐらい出ている格安SIMの方がいいと思います。

格安SIMの平均的な速度はざっくりですが、平日の8時頃で3Mbpsお昼の時間には0.5Mbpsそして夜になると1メガから3Mbpsぐらい出るといわれています。

格安SIMでファイルをダウンロードしようとするときはこのような時間を避けて行えばほとんど問題ないはずです。

ゲームアプリを常にダウンロードする場合ゲームアプリを常にダウンロードして使っている場合はダウンロードに時間がかかると困るのでキャリアの回線を使っていた方がいいでしょう。

200mbのデータをダウンロードするのに3Mbpsの格安SIMでは9分後かかってしまいます。

30Mbpsてるキャリアの携帯であれば1分程度でダウンロードすることができます。

楽天でんわは楽天モバイル契約がなくても使える!

使い方としては簡単でまずスマホに楽天電話のアプリをインストールします。

そして楽天電話のアプリから電話をかけるだけで料金はクレジットカードで引き落とされます。

今ソフトバンクやドコモやauといった大手キャリアの携帯を契約している場合で電話料金を安くしたいという場合にはこの楽天モバイルの楽天電話を導入するだけで半額にすることができます。

月30分以上通話する60分未満の場合30分以上電話する方もいると思います。

そしてそれが60分未満の場合であれば通話パックというの使った方がお得になるのではないでしょうか。

Biglobeでんわ

出典:ビッグローブ

通話パックというのは最初の60分間が定額で通話できるサービスで例えばBIGLOBEなどが運用しています。

BIGLOBEの通話パック60というのは血圧が650円で60分かけることができる電話サービスで単純計算すると30秒あたり声になりとてもお得です。

ただしこの場合BIGLOBE法社会線を通して電話をかけますので、少しこの音の質が劣りますですので実際にBIGLOBEの電話パックを使う場合には誰が使っているユーザーから電話をかけてもらって。

どのくらい音と音の質が悪くなるのか調べて行きたいものですねこのBIGLOBEの通話パック60ですが、携帯電話で発信する場合は自分の電話番号が表示されます。

しかし固定電話回線に電話をかける場合は非通知になってしまいます。

ですので非通知を拒否している方のお宅にはかけられないことになります。

短い電話をたくさんする人短い電話ばかりをかける人もいると思います。

買い物を聴いたり夕食の内容を聞いたりそのような内容であれば1分とか3分といったような短い電話になることが多いと思います。

その場合はかけ放題サービスに加入するのがおすすめです。

楽天でんわ

3分間かけ放題は5分間かけ放題っていったかけ放題サービスが格安SIMにもありますので、これを使うと電話代が月額固定費だけで済むようになります。

例えば楽天モバイルであれば850円で5分間の電話がかけ放題になります。

これは統計局の統計から見ても分かる通り日本人の平均の通話2分15秒で3分しない人が多いのです。

ですのでこのようなサービスに入っておけば通話代を払わなくても電話がかけ放題になると思っても良いでしょう。

1回5分以内の通話を1日5回月額30回した場合は150回かけても電話代が850円なるという計算になりとてもお得になるのが分かります。

これが850円でかけられるというのはとても安いことです。

大手キャリアのauやソフトバンクやドコモではかけ放題がありますが、1700円もかかります。

それに比べると1/2から1/3ぐらいの値段だといっても良いでしょう。

2700円のスーパーかけ放題と1700円の5分以内であれば何度でもかけられるライトプランというのがあります。

格安SIMの通話料金をできる限りを抑えるには?

格安SIMを使うにはかけ放題は無料通話がおすすめ格安SIMを使うときのデメリットとして電話料金が高くなるということがあります。

出典:wikipedia

普通に電話するといくらかかるでしょうか。

なんとそれは30秒で20円例えば1時10分かけるだけでも1か月300分をかけることになりそうすると電話代だけで12000円にもなってしまいます。

12000円鳥のはキャリアの通話料金電話代を大きく上回る額ですので、せっかく格安SIM乗り換えたとしてもちっとも格安SIMの恩恵を被りません。

どうしたらいいのでしょうかせっかく格安SIMで節約できると思ったのに電話代が含まれると逆に高くなると思ったか実は格安SIMでも電話代を安くすることができます。

やり方に知られでは通話代金をゼロにしたり半額に抑えることができます。

ちなみに格安SIMを使っている人の中で電話料金がすごく高くなって困るということはあまり聞かれません。

それではここでは格安SIMの通話料金をできるだけ安くする方法について説明していきたいと思います。

電話をする人はあまり少ない神話電話をすると高くつきますが、そもそも電話をかける人の数が減っています。

例えばlineのアプリを使ったりtwitterやfacebookなどで情報交換することが増えていて電話をかけることが入っています。

通話は3分以内がほとんど

あるところの調査によると1ヶ月の通話時間が1分未満や5分未満のある方が50%で半分の人は1日1分後電話をしていません。

一方では1日15分以上電話をする人もやはり10%ほどいてそのような人に電話代金は切実な悩みです。

この統計は若干古いものとなりますが、4人に3人は突き当たり30分しか電話かけていません。

30分の通話料金は単純計算すると1200円隣これはかなり安い額です。

そして格安SIMにも通話料金を安くする方法がありそれを使うことで600円程度にすることができますが、ラケーユーザーはスマホユーザーより長く電話をかけることが多いものです。

ガラケーの人も合わせて統計を取ってみると月の平均の通話長澤6時8分だったそうです。

6時8分というと2400円分に相当しますが、格安SIMの電話の半額割引サービスを使うことで1,360円程度にすることはできます。

さらに5分以内の通話が多い形であれば5分間かけ放題を使うと通話代が850円に縮めることができます。

格安SIMは基本料が安いのはメリット基本料金が1000円から2000円であることを考えてそれにプラスして通話代850円払うとだいたいに3000円で格安SIMを運用することができます。

とても安くスマホを持つことができ男です。

電話代を0円にするには電話代を無料にするにはまず初めに考えられるものとしてlineアプリが挙げられます。

lineでは無料で通話することができます。

ラインを使ったことがある人わかると思いますが、声が遅れる遅延や音の質が悪くなる音質の低下などがありますが、あまり気にならないので無料で使えるためこれを使っている方は多いです。

家族や友達なんかはこのlineを使うことで通話をすれば電話代が無料になります。

ただしラインを使った場合に通信料は別にかかります。

Lineの無料通話

lineは結構通信を食うものでlineで6時間も通話をすると何GBも必要になるかもしれません。

こうなると普通のネット閲覧などができなくなってしまうかもしれないので注意が必要です

30分以内の電話が多いなら格安SIMでも安くなる通話代が半額になるサービスは多くの格安SIMに取り入れられています。

例えば楽天モバイルもそうでしdmmモバイルもそのようなサービスを取り入れています。

このような半額通話をするには半額通話アプリというのインストールして使います。

そうすることで若干質が落ちますが、電話を半額でかけることができます。

半額というのは30秒あたり10円という価格です。

しかし音の質が若干音を撮りますので、ビジネス的には使えないかもしれません。

楽天電話誰でも使える楽天モバイルを契約していないと楽天電話使えないと勘違いしている人もいるようですが、実は楽天電話は誰でも使うことができます。

楽天電話は楽天電話だけのサービスを契約することができ通話料金だけで半額で使うことができます。

UQモバイルを使っている方もマイネオを使っている方でもFreetelを使っている方でも楽天電話だけを使うことができます。

格安SIM電話かけ放題プラン比較

通話定額プランパケホーダイを利用できる格安SIMを比較します。

ここでは定額通話プランを格安SIM各社で比較します。

通話定額プランというのは音声通話をひと月に一定の分数、何度でもかけることができるサービスで、基本料を払うことで利用できます。

大手3社には無料通話というのがついていましたが、それと似たような仕組みと考えてよいでしょう。

このプランは仕事でたくさん電話をかける方や家族と頻繁に連絡を取る方長電話をかける方など通話だよ大阪に安くすることができるお得なサービスです。

格安スマホに乗り換えられないのは電話代金が高くなるから
通話がメインで使っている方はスマホ代が電話代がネックになって格安スマホに乗り換えられない方も多いと思います。

そんな中で通話定額プランがある格安SIMを使えば、ガラケー並みに安くすることもできるかもしれません。

それでは電話かけ放題プランがある格安SIMを紹介していきたいと思います。

BIGLOBE

BIGLOBEはビッグローブ電話という通話オプションが使われており、電話を格安でかけることができます。

BIGLOBE電話というのは通話パック60で月額650円で1200円分の通話ができるコースです。

この場合は60分間を650円で使うことができて孤独になります。

そして3分間かけ放題というサービスがついていて650円の月額使用料払うことによって何回でも3分以内の通話をかけることができます。

この時間を超えて電話をしてしまった場合は30秒10円の費用がかかります。

楽天モバイル
楽天モバイルの格安SIMは楽天が運営している時計格安SIMのサービスでベーシックプランから3.1GBプランから30GBの風のピックプランもあります。

それぞれ1250円から6150園まで最大の通信速度は265mbpsです。

楽天の電話サービス楽天電話は5分間かけ放題オプションというものがあります。

5分間かけ放題オプションというのは月額料金が850円でできるオプションサービスで5分間の通話は月当たり何回でも無料になるものです。

5分を超えてしまったら30秒10円の通話代がかかります。

BIGLOBEより月額使用料が高いですが、3分ではなくオフんですので少し長くなります。

ワイモバイルのカケホーダイプラン

ワイモバイルのかけ放題プランはサービスが充実しています。

特に通話無料サービスが10分以内となっており散歩にごふんが多い中で一番高くなっています。

料金体系がややこしくて難しいですが、スマホプランがsとmとlとデータ専用プランがありそれぞれ2,980円から5980円です。

ワイモバイルの電話かけ放題サービスワイモバイルの電話かけ放題サービスは一回あたり10分以内の通話が突き当り300回までかけられるサービスで月額の費用は1000円です。

正しい国内通話のみになります。

かけられるのは他社のスマホにももちろんです。

ガラケーや固定電話などにもかけられます。

そして完全に通話が無料になるというコースもありそれはスーパーだれとでも定額と呼ばれているもので月額1000円って何度でも何分でも書けることができます。

例えば1日1時間毎日使ったとしても月額1000円で済みます。

これは長時間の電話が長い方にとてもお得なサービスです。

もしもシークス
もしもシークスは2013年に作られたエックスモバイルがやっている格安SIMのサービスで無料通話を含むプランを初めて作ったところです。

音声プランは980円のものが1つあります。

音声プランには通話定額サービスをつけることができてカケホーダイライトプランは850円の月額サービス5分間以内のかけ放題と同じサービスです。

そしてもう一つのサービスは1日50回の通話連続60分の通話などを覗いてはほぼかけたい放題にできるかけたい放題フルというサービスがあり月額1800円です。

ガラケーなので電話をずっとたくさんしてきた人はこれに入ることでかなり安くなるでしょう。

データは0.5GBの1コースしかありませんが、あまりインターネットをしない方におすすめです。

IIJmioの電話かけ放題プラン

iijはプランが優れていてサービスの品質が良く新聞などにもたびたび広告が載ることからインチでも誰かご存知の方も多いと思います。

音声通話機能があるスマホプラン和名コンという名前で呼ばれていて余ったデータを来月に持ち越せるなど使いやすいサービスがたくさん取り入れられていました。

プランがたくさんあります。

音声通話付き1600円karaミニマムライトプランファミリープランという3つのプランがあります。

IIJmioの電話かけ放題サービスIIJmioには二つの電話かけ放題サービスがあります。

まず一つ目
誰とでも3分家族と10分
これは誰とでも3分間なら無料家族となら10分間までなら無料になるものです。

もう一つは誰とでも5分家族と30分という方
でこれは誰とでも5分以内であれば無料家族と30分以内の電話をすれば無料になるものです。

誰とでも3分の方は月額600円で国内通話に限ります。

またもう一つのプランである誰とでも5分という法は月額あたり830円で国内通話が無料になります。

3分間と5分間起こしてしまった場合は30秒あたり10円の課金が行われます。

家族とたくさん電話する方がiijみおの通話割引サービスがとてもお得です。

同じid同士の中では家族の扱いがされますので離れて住んでいる家族も家族として扱われます。