格安SIMの電話かけ放題は充実してきている

格安SIMも電話サービスが充実して生きています。

格安SIMを使っても電話放題、定額電話パックなどを使うことで電話料金大幅に安くすることができます。

そこでこのページでは格安SIM各社の通話料金とかけ放題について紹介していきたいと思います。

格安SIMのプラン

格安スマホについている電話かけ放題プランは正確に言うと完全なかけ放題ではありません。

わかりやすく説明するとauやドコモソフトバンクなどについているカケホーダイプランライトと似ているサービスです。

カケホーダイプランライトは5分間までの通話が
1日何回でもできる物格安SIMについているカケホーダイプランも主に5分以内の通話が一定の月額料金を支払うことで無料になるサービスです。

また3分以内の通話1分以内の通話など細かく分数が設定されているものもあり自分の必要に応じて選ぶことができます。

また格安SIMにも電話の長さ回数、場所など全て無条件にかけられるサービスもありますので、電話を主に使うことはそちらを選択してもいいでしょう。

ワイモバイルの通話
プランワイモバイルには1000円の月額料払うことで300回までの通話10分以内の通話が無料になるものがあります。

このサービスは2017年2月1日から突き当たり300回までではなく何回でも無料になるようになりますので、使い勝手が向上します。

1回あたりの通話に上限がある電話かけ放題色々な電話かけ放題プランがありますが、そのなかで一回あたりの電話が5分以内3分以内など制限があるものについて紹介しています。

まずDTIの電話かけ放題は5分まで

マイネオの5分間かけ放題サービス
楽天モバイルの5分間かけ放題オプション

BIGLOBEのBIGLOBE電話3分間かけ放題
BIGLOBEの電話パック60

OCNの5分間かけ放題プラン
Freetelには5分間かけ放題と1分間かけ放題がついています。

現行の格安SIM会社ではこのような5分あたりの電話かけ放題にするサービス海パンデカなっています。

DTIのカケホーダイプランはアプリを使わなくてもそのままかけるだけで、5分以内の通話がかけ放題になるので面倒な方にはこれがいいかもしれません。

ただし5分間を超えた分に関しては30秒20円の携帯ナビの価格がかかりますので、注意が必要です。

マイネオやDTIはプレフィックス番号を使わないので、品質が落ちず値段は高い物の品質の良い2をすることができます。

電話かけ放題プランの仕組みと問題点

電話かけ放題サービスは料金を安く電話代が安くなることから
とても良いサービスですが、若干の問題点がありますので、取り替える場合に注意する必要があります。

まず料金体系は大切ですが、それ以外にも使い勝手や通話品質といった点にも注意しないといけません。

特にビジネスで使う場合は通話品質というのは悪くなると相手に迷惑をかけますので、通話品質についても気をつける必要があります。

格安SIMの電話は品質が落ちるか品質が落ちるのはプレフィックス番号を使っているかどうかです。

プレフィックス番号は電話をかける前に
特定の数字を足すことで独自の回線を通って電話かけるシステムです。

プレフィックスを使うことで独自の回線を通ることで電話代が安くなりますが、しかし品質が落ちてしまうというデメリットがあります。

そしてこのプロフィックスを付けるのには
専用アプリを介して電話をしないといけないということがあり
アプリを起動して電話をかけないといけないことから面倒になってしまいます。

プレフィックスを使う格安SIM

格安SIMの中でプレフィックスを使っているものは、値段が安く音声品質が劣ることからビジネスには使うことができませんが、、家族と通話する場合などには使えると思います。

またプレフィックスの中でも通話品質が良いものがありIIJmioとDMMモバイル楽天モバイルは品質が良いとされています。

またFreetelのプレフィックス付き電話は品質が悪いとされています。

それは音声の遅延や通話中の途切れ音質が落ちる声が聞こえなくなると言ったレビューなどです。

このような通話品質に関しての疑問はgoogleplayなどのアプリサービスの所でユーザーのレビューを見ることができますので、ユーザーレビューを見てから加入した方が良いと思います。

特に楽天モバイルのアプリの評価の数は非常に多く
たくさんの口コミを見ることができることから参考になると思います。

まだレビューが少ない会社もありますが、これから増えていくものと思われます。

専用アプリの評判はあまり良くない格安SIMの電話サービスを使うことでアプリを使わなければなりませんが、アプリの使い勝手についてあまり良い噂を聞いていません。

その中でも電話楽天電話とDMMトークは他の専用アプリに比べると使いやすいという評価が多いです。

参考:IIJmioのかけ放題について

アプリがどんな操作性なのかわアプリをインストールして使ってみたりユーザーの口コミなどを見て判断してください。

プレフィックスを使わないかけ放題プランプレフィックスを使っていないかけ放題プランもあります。

それはDTISIMとマイネオとワイモバイルです。

この三者はプレフィックスを使わずにと通常の携帯回線を使っているので通話品質が落ちません。

DTIとマイネオには定額プラン30と60がありキャリアの回線を使っています。

ワイモバイルはmvnoではなく独自の携帯回線を使っているで品質が良いです。

そのためプレフィックス回線を使って起こる品質の低下や音がこもる自分の声が聞こえなくなるなどのトラブルはほぼ起きないと思って良いでしょう。

またプレフィックスを使わないことからアプリを使わない出かけることができてとても簡単です。

そして100当番や119番など緊急電話7にも対応しているため格安SIMだからといって緊急電話が使えなくなることはありません。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)