本当はどのくらい必要?格安SIMの通信速度の選ぶコツ

格安スマホを選ぶ時にポイントとなるのが通信速度です。

メーカーが歌っているスピードが出ないことが多くこれは口コミなどを見て決めるしかないのですが、1年後2年後にその口コミ通りの性能が出ているとはいえずある程度は仕方がないものです。

どうしても速度を落としたくなければキャリア出た場合通信費を払って使い続けるしかありません。

ドコモやauソフトバンクのスマートフォンでは30Mbpsってます。

しかし格安スマホの場合はほとんどが5Mbpsほどしか出ません。

格安SIMは5Mbps程度

つまり1/6デートになってしまうのですが、愛によっては1Mbpsしか出なくて普通のサイト閲覧でも支障をきたしてしまうほど遅いところもあります。

動画を見るのに必要な通信速度は1Mbps、youtubeやニコニコ動画など動画サービスがたくさんありますが、そのような動画サービスを使うときにどのくらいの通信速度が必要なのでしょうか。

一般的なyoutubeを見るのであれば600Kbpsぐらい出ているがほとんど問題ありません。

ですので1Mbpsしかでない格安スマホでもほとんど問題ないといえます。

ニコニコ動画も同じくらいの量で見ることができます。

低画質モードであればさらに低い画質で早く見ることができます。

少し画質が荒くなりますが、少ない通信速度で見ることができるようになります。

1時間動画を見ると200mb程度のデータを消費します。

そうすると1GBで契約しているスマホの場合は5時間しか見れないことになります。

ですので、体がつのモノで見た方が通信費の節約にもなります。

実際のところはこのようにスマホの動画を見てもほとんど問題ないということがわかります。

ですので大手キャリアのスマホのスペックが必要な方はほとんどいないということになります。

インターネットをするに必要な通信速度は最近ではインターネットをする方が動画よりメモリー送ります。

普通2Mbpsが必要です。

つまり動画を見るのの3倍ぐらいが必要なのです0.7Mbpsを下回ると凄くサイトの閲覧が遅くなりストレスがかかるようになります。

webページは1枚あたりが大体1メガバイトですので、全部読み込むをで表示されないわけではありませんが、1/4程度を読み込む必要があるのであまり遅いとサイトが見れなくなります。

特に新しく訪れるサイトの場合は全てのデータを読み込むのに時間がかかり業者に時間がかかることがあります。

3Mbps出ているは重いサイトでもサクサク見ることができます。

例えば重いサイトというのはamazonや楽天などの通販ショップです。

開くのが重いサイト

もっと小さいサイトであればそれより少ない量で見ることができます。

アプリをダウンロードするのにかかる通信速度20メガ30mbのアプリの容量があるものが多いです。

ですのでアプリをダウンロードするのはほとんど家やオフィスなどのwi-fiの環境になると思いますが、まれにLTEでもアプリをダウンロードする場合がありその場合は3Mbpsくらいが必要だといわれています。

例えばキャリアの回線である30Mbpsだと50mbのファイルをダウンロードするまで13秒かかります。

しかし3mb程度しかでない格安SIMにした場合は2分30秒もかかってしまいます。

ダウンロードされるまでずっと待っていないといけないわけではありませんが、時間が気になる人は10Mbpsぐらい出ている格安SIMの方がいいと思います。

格安SIMの平均的な速度はざっくりですが、平日の8時頃で3Mbpsお昼の時間には0.5Mbpsそして夜になると1メガから3Mbpsぐらい出るといわれています。

格安SIMでファイルをダウンロードしようとするときはこのような時間を避けて行えばほとんど問題ないはずです。

ゲームアプリを常にダウンロードする場合ゲームアプリを常にダウンロードして使っている場合はダウンロードに時間がかかると困るのでキャリアの回線を使っていた方がいいでしょう。

200mbのデータをダウンロードするのに3Mbpsの格安SIMでは9分後かかってしまいます。

30Mbpsてるキャリアの携帯であれば1分程度でダウンロードすることができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)