格安SIMの通話料金をできる限りを抑えるには?

格安SIMを使うにはかけ放題は無料通話がおすすめ格安SIMを使うときのデメリットとして電話料金が高くなるということがあります。

出典:wikipedia

普通に電話するといくらかかるでしょうか。

なんとそれは30秒で20円例えば1時10分かけるだけでも1か月300分をかけることになりそうすると電話代だけで12000円にもなってしまいます。

12000円鳥のはキャリアの通話料金電話代を大きく上回る額ですので、せっかく格安SIM乗り換えたとしてもちっとも格安SIMの恩恵を被りません。

どうしたらいいのでしょうかせっかく格安SIMで節約できると思ったのに電話代が含まれると逆に高くなると思ったか実は格安SIMでも電話代を安くすることができます。

やり方に知られでは通話代金をゼロにしたり半額に抑えることができます。

ちなみに格安SIMを使っている人の中で電話料金がすごく高くなって困るということはあまり聞かれません。

それではここでは格安SIMの通話料金をできるだけ安くする方法について説明していきたいと思います。

電話をする人はあまり少ない神話電話をすると高くつきますが、そもそも電話をかける人の数が減っています。

例えばlineのアプリを使ったりtwitterやfacebookなどで情報交換することが増えていて電話をかけることが入っています。

通話は3分以内がほとんど

あるところの調査によると1ヶ月の通話時間が1分未満や5分未満のある方が50%で半分の人は1日1分後電話をしていません。

一方では1日15分以上電話をする人もやはり10%ほどいてそのような人に電話代金は切実な悩みです。

この統計は若干古いものとなりますが、4人に3人は突き当たり30分しか電話かけていません。

30分の通話料金は単純計算すると1200円隣これはかなり安い額です。

そして格安SIMにも通話料金を安くする方法がありそれを使うことで600円程度にすることができますが、ラケーユーザーはスマホユーザーより長く電話をかけることが多いものです。

ガラケーの人も合わせて統計を取ってみると月の平均の通話長澤6時8分だったそうです。

6時8分というと2400円分に相当しますが、格安SIMの電話の半額割引サービスを使うことで1,360円程度にすることはできます。

さらに5分以内の通話が多い形であれば5分間かけ放題を使うと通話代が850円に縮めることができます。

格安SIMは基本料が安いのはメリット基本料金が1000円から2000円であることを考えてそれにプラスして通話代850円払うとだいたいに3000円で格安SIMを運用することができます。

とても安くスマホを持つことができ男です。

電話代を0円にするには電話代を無料にするにはまず初めに考えられるものとしてlineアプリが挙げられます。

lineでは無料で通話することができます。

ラインを使ったことがある人わかると思いますが、声が遅れる遅延や音の質が悪くなる音質の低下などがありますが、あまり気にならないので無料で使えるためこれを使っている方は多いです。

家族や友達なんかはこのlineを使うことで通話をすれば電話代が無料になります。

ただしラインを使った場合に通信料は別にかかります。

Lineの無料通話

lineは結構通信を食うものでlineで6時間も通話をすると何GBも必要になるかもしれません。

こうなると普通のネット閲覧などができなくなってしまうかもしれないので注意が必要です

30分以内の電話が多いなら格安SIMでも安くなる通話代が半額になるサービスは多くの格安SIMに取り入れられています。

例えば楽天モバイルもそうでしdmmモバイルもそのようなサービスを取り入れています。

このような半額通話をするには半額通話アプリというのインストールして使います。

そうすることで若干質が落ちますが、電話を半額でかけることができます。

半額というのは30秒あたり10円という価格です。

しかし音の質が若干音を撮りますので、ビジネス的には使えないかもしれません。

楽天電話誰でも使える楽天モバイルを契約していないと楽天電話使えないと勘違いしている人もいるようですが、実は楽天電話は誰でも使うことができます。

楽天電話は楽天電話だけのサービスを契約することができ通話料金だけで半額で使うことができます。

UQモバイルを使っている方もマイネオを使っている方でもFreetelを使っている方でも楽天電話だけを使うことができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)